ふすまをお洒落に改造
7月 29, 2017 — 16:00

本当にふすま?と思えるアレンジ

押入れのふすまが和室の雰囲気のカギを握っているのであれば、ふすまをお洒落に改造することで古風な和室とは違った雰囲気を引きだすことができます。
ふすまは経年劣化によって色合いが悪くなってきたり、使い方によっては穴が空いたりするので、定期的にふすまを取り替えるのがおすすめです。
時間がある時に思い切ってふすまのリメイクを実践してください。

低予算でもリメイク!

ふすまの雰囲気を手軽に変える方法として最適なのが100円ショップで購入できるリメイクシートです。
好きな柄のリメイクシートを購入してふすまに貼るだけで、簡単にイメージを変えられます。
例えばレンガ柄のシートを貼るとアンティークな印象になり、元は古めかしいふすまだったとは思えない仕上がりになります。

リメイクシート以外にもウォールペーパーやウォールステッカーを使って印象を変える方法もあります。
どちらも簡単に雰囲気を変えることができ、低予算で実現します。
板壁風、木目調、アンティーク風など様々なイメージに合わせて最適な種類を購入できます。
これらのアイテムと組み合わせてマスキングテープで縁取りをしたり、穴が開いている部分だけをカバーするなどの方法でお洒落に改造できます。

英語の紙を貼り付ける

ふすまを貼り替えるのは面倒だけど雰囲気は変えたいと考えている方におすすめなのが、英語で書かれた紙を貼り付けるだけというお手軽リメイクです。
不要な古い洋書があれば一枚ずつ破いて貼り付けるのも良いですが、正直なところそのような使い方はもったいないので、英字新聞を使って貼り付けてみましょう。
本物の英字新聞が手に入らないという場合は、コラージュ用の英字ペーパーを購入するのもおすすめです。
色々な大きさにカットしたり、一度クシャクシャにしてから伸ばしてアンティーク感を引きだす方法も良いでしょう。

ベニヤ板で洋風に

和風な雰囲気を感じさせるふすまを思い切って洋風に変えるDIYを実践してみるのもおすすめです。
まずはふすまの大きさに合った薄めのベニヤ板が必要ですが、ホームセンターなどでカットしてもらうこともできますので、あらかじめふすまのサイズを確認してください。
厚いベニヤ板は重さがあって扱いにくいので、薄いものを選びましょう。

購入してきたベニヤ板は釘を使って打ち付けるか両面テープで貼り付けてください。
賃貸物件の場合は釘はNGなので、マスキング用のテープを先に貼っておき両面テープを付けてベニヤ板を合わせましょう。
ベニヤ板にはオイルステインを使用してからステンシルシートを貼ると洋風なドアが簡単に完成します。
仕上げに取っ手を取り付けるだけでドアのような仕上がりになります。