大きな屋根を持つ住宅
11月 26, 2017 — 3:13

日本の大きな屋根を持つ家

・小さな森に佇む住まい

バウムスタイルアーキテクト一級建築士事務所によって作られた家です。
建替えの時に、もともとあった風景を壊さない庭を取り入れることで、周囲の景観に馴染む家が計画されました。
庭と玄関が少し奥にあり、次のようにして家を大屋根で覆っています。
部屋は開口部や軒を検討して設計し、明るすぎず暗すぎない、心地よい明るい光の差し込む空間となっています。

・ORIGAMI

三重県の山間の集落にあるORIGAMIと名付けられた家です。
その名の通り、紙を折ってかぶせたような折り紙のような大きな屋根が印象的です。
建てるときには、庇のある家という要望を取り入れて、TSC ARCHITECTSにより設計されました。
特徴的な外観はモダン建築となっており、どこか合掌造りを思わせるような懐かしさも兼ね備えます。
昔ながらの民家が建つ集落の環境にも溶け込む造りの住まいです。
屋根と地面との間が大きな開口となっており、明るく開放的な室内にしています。

・古い雨屋をリノベーション

古い雨屋をリノベーションしたこの住まいは、STUDIO POHが手掛けました。
この地域の栃木県東部には、下部が石積で上部が木造の雨屋があり独特の風景を形成し、その中の一つがこの家です。
雨屋とは養蚕のための建物であり、この地域の伝統を象徴します。
その記憶を取り込み住宅へと転用したいという要望を叶えています。
建築家はこの建物の持つ魅力を引き出し、耐震性や居住性を現代の水準に高めて家として実現させました。
2層の瓦屋根が大きな屋根を造りだし、独特な外観は特徴があります。
大きな開口や柱の並ぶ軒下空間は、外部と内部をつなぎ、空間に広がりを持たせます。

・石巻の家

空間建築傳一級建築士事務所によりデザインされ、一見平屋のようにも見えるその屋根は、実は2階建ての家です。
建物を包み込む大屋根と煙突、庭に向かって開かれた大きな開口が印象的です。
黒と白のコントラストが美しくオシャレですが、懐かしさも感じられます。
和モダンともいえる佇まいは緑豊かな周囲の風景にも馴染んでます。
大屋根は採光面で不利なこともありますが、大きな開口や天窓を設けることそこをクリアしています。

海外の大きな屋根を持つ家

スペインの首都マドリードから北西に約50キロ行った場所に位置するベセミル・デ・ラ・シエラという村に計画された家です。
まるで大地に根を張るような、地面までも届く大きく広い面積の屋根が印象的です。
屋根にも自然素材を大いに用いることで、緑に囲まれた自然豊かな地域に溶け込むデザインとなっています。
家の庭まで這っているように被せられた屋根が、とても印象的なデザインにしています。